2020年7月18日放送の「激レアさんを連れてきた。」に史上最年少長デビューを果たした年俸120円のJリーガー安彦考真(あびこ たかまさ)さんが出演されます。

安彦考真(あびこ)さんの目が気になるという方も多いのではないかと思いますが、安彦考真(あびこ)さんの目は病気なのでしょうか?

若い頃から現在までを比較しながら安彦考真(あびこ)さんの目についてまとめました。

スポンサーリンク

 

【画像】安彦考真(あびこ)の目は病気?

年俸120円のJリーガーと言われている安彦考真(あびこ)さんの目について画像で確認してみたいと思います。

画像はこちらです。

あびこさん1

 

目元を拡大してみると、

あびこさん1

正面向かって左目が右目よりも開いていないですよね。

安彦考真(あびこ)さんの右目は病気なのでしょうか?

スポンサーリンク

【画像】安彦考真(あびこ)の若い頃

若い頃

安彦考真(あびこ)さんは幼い頃からプロサッカー選手になるのが夢で17才の頃にブラジルへサッカー留学されたほど実力のある選手でした。

若い頃の安彦考真(あびこ)さんの目は左右ともあまり変らないような印象を受けます。

スポンサーリンク

【画像比較】安彦考真(あびこ)の目は病気?に関するまとめ

あびこさん画像

安彦考真(あびこ)さんの目が現在、左右非対称なのは生まれつきという訳ではなさそうです。

年齢を重ねるにつれて目が左右非対称になる原因として瞼下垂(がんけんかすい)と呼ばれるものがあります。

瞼下垂(がんけんかすい)とは、

まぶたが下がっていたり、開けづらくなったりする状態です。
左右の目の大きさが少し違うといった程度のこともあります。
片方の目だけに起こることも両目に起こることもありますし、生まれつきの方やそうでない方もいます。

元々、まぶたは加齢とともに下がってくることも多いそうなので、安彦考真(あびこ)さんの場合必ずしも瞼下垂(がんけんかすい)とは断定できませんがケガが原因で起こることもあるそうです。

サッカーはぶつかってケガをすることもありますし、加齢も重なり片方の目が瞼下垂(がんけんかすい)になったのかもしれません。