2020年11月24日にANAマスクの販売がスタートしました。

フィギュアスケートの羽生結弦選手がANA所属ということもあり、マスクは即完売となりました。

売り切れにショックの声が多く挙がっていますが再販はいつなのでしょうか。

また、ANAから『HAWAiiマスク(仮称)』も販売されるようですが販売時期はいつなのかも気になりますよね。

ANAマスクそしてHAWAiiマスク(仮称)の購入方法や再販・販売時期についてまとめました。

スポンサーリンク

 

ANAマスクが即完売(売り切れ)!?

ANAから洗って使えるウォッシャブルマスクが登場し、2020年11月24日の午前10時より販売開始されました。

しかし、ANAマスクの人気は凄まじく、正午ごろには完売となってしまったようです。

ANAマスクの再販はいつ?

ANAマスクは販売日当日には売り切れとなってしまいましたが、再販はあるのでしょうか。

ANA公式サイトの発表によりますと、再販されるとのこと。

マスク

「<ANAオリジナル>ウォッシャブルマスク(マスクケース付き)ホワイト/ブラック」の販売再開時期につきましては、12月上旬頃を予定しております。決まり次第本ページにてご案内いたしますので、今しばらくお待ちください。

初回販売時に買い逃してしまった方も再販でゲットしたいですよね。

再販の時期については2020年12月上旬ごろとのことなので狙っている方は開始され次第、早めの購入が必須のようです。

詳細は情報が入り次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

 

ANAマスクの使用感や口コミ・評判

ANAマスクを再販で狙っている人は特につけ心地や口コミも気になるのではないでしょうか。

【商品情報】

  • サイズ: Lサイズのみ
  • 価格 : 1枚2,530円 (税込)
  • 送料 : 770円
  • 生産地: 日本製

実際に買った人の口コミはこちら。

サイズがLだけというのがちょっと残念です。
使いたいけど顔が隠れてしまいます。

自分だったら、SかせめてMですかね。

ANA

サイズ展開がLサイズのみということで、女性や子供は少し大きいと感じてしまうようです。

上の着用画像は女性ですが、顔がすっぽりと隠れるような大きさですね。

大きめのサイズのようですが寒い季節は防寒対策としても役に立つのではないでしょうか。

 

ANA・HAWAiiマスク(仮称)も販売される!?

ANAのマスクから『HAWAiiマスク(仮称)』の販売も検討されています。

『HAWAiiマスク(仮称)』とは、成田ーホノルル線専用機として導入された超大型機エアバスA380型機に関連したマスクです。

エアバス

 ANAはA380型機を「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」と名付け「空飛ぶウミガメ」という意味があります。

1号機は青(ANAブルー)、2号機は深緑(エメラルドグリーン)そして、3号機がオレンジ(サンセットオレンジ)と、1機ごとに色と表情が異なるデザインを採用しており、全機にハワイの空と海、夕陽をイメージした特別塗装を施しています。

このA380型機にちなんだ『HAWAiiマスク(仮称)』が販売を検討されているようです。

どんなデザインになるのかとても楽しみですね。

スポンサーリンク

 

ANA・HAWAiiマスク(仮称)の販売時期はいつ?

今回検討されている『HAWAiiマスク(仮称)』は、ウミガメをモチーフにしたオリジナルキャラクター、青い「ラニ(lani)」、緑色の「カイ(kai)」、オレンジの「ラー(la)」をデザインしたマスクなんだそうです。

販売時期については、早ければ年内に発売と発表されています。

2020年12月〜2021年1月ごろには販売となるようですね。

詳細な情報が入り次第、追記させていただきます。

ANA・HAWAiiマスク(仮称)の購入方法は?

『HAWAiiマスク(仮称)』も、ANAマスク同様にANA公式のショッピングサイトで販売されるようです。

2020年11月現在ではまだ発売されていませんが、ショッピングサイトはこちらです。

ANAショッピングA-Style