ばんえい競馬場で鈴木恵介騎手が馬を蹴りつけるというショッキングな動画が2021年4月現在、話題となっています。

動物虐待ではないか・かわいそう・ひどいなど世間では批判の声があがっています。

一体なぜ鈴木恵介騎手は馬を蹴ったのか理由についてまとめました。

また、鈴木恵介騎手が馬を蹴った動画に対する世間の声をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

【動画】ばんえい競馬で鈴木恵介騎手が馬を蹴る!

ばんえい競馬場で鈴木恵介騎手が馬を蹴る動画が話題となっています。

問題の動画がこちらです。

状況としては、能力試験で2歳牝馬のドウナンヒメが障害をうまく登れずにうずくまってしまった時に鈴木恵介騎手が馬の顔面を蹴って起こそうとしたそうです。

能力試験とは、馬を技能を試してふるいにかけ競走馬になるかならないかの境界線となる試験なんだそうです。

試験に受からなかった馬は食用肉に回されてしまうんだとか。

鈴木恵介騎手は馬を生き物としてでは無く、モノのように扱っていたのかもしれません。

問題の動画を見ると馬を蹴った鈴木恵介騎手は日常的に虐待をしていた可能性も考えられます。

スポンサーリンク

 

ばんえい競馬で鈴木恵介騎手が馬を蹴った理由はなぜ?

鈴木騎手

鈴木恵介騎手は、能力試験の際に馬が障害を登れずうずくまってしまったことに対し、イライラが抑えられず耐えかねてしまい顔面を蹴って起こそうとしたんだそうです。

報道では、馬にとって危険な『砂食い』や試験に落ちた場合の『食肉行き』を防ぐためだったのではと憶測やコメントも出ているようです。

しかし鈴木恵介騎手本人はあくまでも「イライラした為」と証言しています。

馬の顔面を蹴った理由に深い理由や背景は無く、感情的になってしまったという人間の身勝手が理由だったようです。

処分を受けた鈴木恵介騎手は当分の間、自粛するそうです。

感情を抑えられずに動物に暴力を振るってしまう鈴木恵介騎手は生き物を扱う資格が無いとも言えますよね。

しっかりと反省して欲しいです。

スポンサーリンク

【かわいそう・ひどい】ばんえい競馬蹴りに虐待と批判の声殺到!

ばんえい競馬で起きた鈴木恵介騎手による馬の顔面蹴りに対して批判が殺到しています。

世間の声をまとめました。

  • これは酷い

    ドン引きだわ

  • 日頃からやってるんだろうなぁ

  • そういう精神論が暴力を通して馬に伝わると思ってやってるなら生き物扱う資格ないわ

    それにこのケースは動かない馬にイラついて蹴ってるだけ

    顔蹴って馬が坂を登るならみんな蹴ってるわ

 

今回の動画に関して『かわいそう・ひどい・虐待』という批判の声はもちろんのこと、これまでのばんえい競馬に対してかわいそうなどの声がこれまでにもあったことがわかりました。

また、競走馬としての能力がなくなってしまった馬は殺処分されたり食用肉にされてしまったりする現実はありますよね。

そういった事実を問題にしてしまうとキリがありませんが今回は、『人間の一方的な感情によって馬の顔面を蹴る』という現実が起きてしまいました。

この問題に関しては決して許されることではありません。

『かわいそう・ひどい』という批判の声が上がるのは当然のことだと思います。

この問題によって『ばんえい競馬』自体が悪く言われてしまう可能性も十分あるので、このような問題が二度と繰り返されないよう馬や動物を守る環境を整えて欲しいと切に願います。