2021年より放送されているダイハツ・タントカスタムのCMで流れている心地良い曲は一体誰が歌っているのでしょうか?

実は『DYGL』(デイグロー)というロックバンドが2021年3月3日に配信リリースした新曲の『Sink』という曲です。

『DYGL』(デイグロー)のファンという方もそうでない方もオススメの曲なので動画とともにご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

【2021動画】ダイハツタントカスタム白のCM曲は誰?

ダイハツ・タントカスタム「街角で魅せるタントカスタム」篇でBGMとして挿入されている曲が気になりますよね。

まず話題のCM動画はこちら!

スローなリズムで心地良い歌声の曲です。

一体誰が歌っているのか気になりますよね。

スポンサーリンク

 

【2021動画】ダイハツタントカスタム白のCM曲はDYGL(デイグロー)の新曲Sink!

2021年のダイハツタントカスタムのCM曲に起用されたのは『DYGL(デイグロー)』というロックバンドです。

フルバージョンはこちらから!

1年半ぶりの新曲とあってとても注目されている楽曲です。

ネット上でもとても話題となっています。

ファン待望の新曲であるとともに聴いていてともて癒される歌声なので初めて知ったという方もDYGLに魅了されること間違いなしですね!

スポンサーリンク

 

DYGL(デイグロー)や新曲Sinkの意味解釈とは?

DYGL

『DYGL(デイグロー)』は日本のロックバンドで、日本人4名から構成されています。

2012年に大学のサークル内で結成されたバンドです。

ダイハツタントカスタムのCM曲にも起用されている新曲『Sink』の意味や解釈についてご紹介させていただきます。

テーマやコンセプトは、『もどかしさや悲しみを反映』しているとのこと。

コロナ禍における世界のムード、静かで暗い感情もここで表現したいと。

「頑張ろう」みたいな曲はいっぱいあるけど、それ以外の選択肢がそんなにない。

DYGLはそこともしっかり向き合おうとしているように感じました。

出典:Real Sound

コロナで暗い空気が流れている昨今、勇気付ける明るい曲はたくさんありますが新曲『Sink』では今の時代ありのままを表現した楽曲となっています。

暗い時代を明るく頑張ろうとする姿勢も大事ですが、現実と向き合った人間味のある曲も私たちを勇気付けてくれる一曲となっているのではないでしょうか。