コロナウイルスの感染者がとうとう日本人にまでおよび猛威をふるっています。

とっても恐いですよね。

コロナウイルスが最初に発見された中国ではコウモリを食べる習慣があるようなんです。

また、コウモリ以外にもヘビやネズミなど動物がコロナウイルスの原因に関わっているのではないかと言われています。

そこで今回は、「コロナウイルスの原因は中国でコウモリの刺身を食べるから?動物(ネズミやヘビ)も関係?」と題しまして、コロナウイルスの原因について調査いたしました。

 

 

コロナウイルスの原因は動物?

ボブキャットの画像

中国では野生生物の販売市場があり、これまで多くの動物が売買されてきました。

しかし最近の研究によると、動物(野生生物)の売買は私たち人間にとって新しい病気の発生源になると言われています。

今回のコロナウイルスの原因は中国・武漢に存在する野生生物の販売市場が原因となったのではと見られています。

確かに野生生物っていろんな場所でいろんな食べ物を食べていますよね。

日本でも飼い犬や飼い猫と比べて野良犬や野良猫は予防接種などもしていないですし様々な危険な菌を持っていると言われています。

 

コロナウイルスの原因はコウモリ?

WHO(世界保健機関)の専門家によると、コロナウイルスの発生源はコウモリの可能性が高いと見ているようです。

ですが、コウモリから人間に感染する前に別の動物に感染し、その感染を人間が経たとも考えられているようです。

感染経路の図

過去に問題となった「SARS(重症急性呼吸器症候群)」や「MERS(中東呼吸器症候群)」もコウモリが発生源だと見られています。

コロナウイルスの原因はヘビやネコなどの野生動物?

過去に深刻な問題となったSARSやMERSの時は人間が感染する前にハクビシン(ジャコウネコ)やラクダに感染し広がったと見られています。

そして今回の新型コロナウイルスもコウモリから他の野生動物に感染し、人間に広がった可能性も高いと言われています。

中国では野生生物の売買市場が一大産業化していますので、コウモリからヘビやネコに感染し人間に広まったということも十分にあり得ますよね。

しかし、現在ではコウモリがコロナウイルスの発生源であるということしか分かっていません。

中国ではコウモリを刺身で食べる?

コロナウイルスはコウモリが発生源であることが分かってきています。

中国では何でも食べる「ゲテモノ食い」というイメージがありますが、実はごく一部の地域なんだそう。

また、感染症の原因においては食べ物(何を食べるか)では無く食材が扱われる環境が問題なんだそうです。

中国の抱える問題はそこにある。政府もそれなりの手を打っているとはいえ、中国の食品の安全基準がずさんなことはよく知られている。食品の偽装などのスキャンダルは後を絶たず、下痢や食中毒は日常的に起きている。武漢の市場のように、当局の認可なしで生きた動物を売っている市場も多い。従業員は手袋の使用や手洗いなど衛生管理のイロハすら知らず、生産者は利益を上げるために有害な農薬や添加物を使用する。

食材を調理する際などの扱い方が悪いと感染症に繋がる恐れがあるということですね。