令和という新時代に突入して心機一転といきたいところですが、車や列車の事故など交通事故が相次いでいます。

また、あおり運転など運転マナーに関する問題も深刻化していますよね。

そして今回は岩手県大槌町の沢舘和彦副町長が公用車であおり運転をしたというニュースが飛び込んできました。

沢舘和彦副町長とは一体どんな人物なのでしょうか。

そしてあおり運転に使用された公用車とは一体どんな車なのか調査しました。

 

 

沢舘和彦副町長の年齢や経歴は?

岩手県大槌町の副町長である沢舘和彦さんの年齢は2019年9月現在、61才だそうです。

あおり運転をしてしまうということはカッとなりやすい性格なのでしょうか。

沢舘和彦副町長の経歴についてですが、現職の副町長を務める前は総務部長を任されていたようです。

2016年4月から現在の副町長という役職に就任しており、任期は来年の令和2年3月なんだそうです。

部長から副町長ということで順調に出世の道を歩まれていたように感じますが、今回の一件で辞任や降格などの処分があるかもしれませんね。

 

沢舘和彦副町長の年収は?

副町長の画像2

副町長となるとお給料も一般サラリーマンと比較してもお高い額をもらってそうですよね。

気になる沢舘和彦副町長の年収ですが、調査したところ2019年3月に施行された給与は、

・月収 53万2,000円

・年収 638万4,000円 + ボーナス

だそうです。

今回の一件で給与の減額などあるのかも気になるところですよね。

また先ほど挙げた年収に加えてボーナスもあるわけですので、単純計算で算出した年収の638万4,000円以上はもらっていることになります。

公職に就いていてそのうえリーダー的存在となるとボーナスの額も凄いんでしょうね。

 

沢舘和彦副町長があおり運転に使用した公用車とは?

車の画像

沢舘和彦副町長があおり運転をした際に乗っていた車は公用車と言われています。

その公用車ってどんな車なのか気になりますよね。

調査したところ外車のようなんです。

公用車で外車って驚きですよね。

車種は、高級車のプジョーなんだとか。

税金を使って高級車を購入したのかと思いましたが、実際のところ震災復興を目的としてフランスから贈られたものだそうです。

そして、あおり運転をした沢舘和彦副町長は、今回の一件を「外車で不慣れだったため」と釈明していますがちょっと苦しい言い訳ですよね…。

 

沢舘和彦副町長の経歴やあおり運転のまとめ

岩手県大槌町の沢舘和彦副町長はあおり運転をしたとして問題になっています。

沢舘和彦副町長の経歴としては、副町長に就任する前は総務部長として職務についていたことが分かりました。

また、あおり運転に使用された公用車は、震災による支援としてフランスから贈呈された高級車のプジョーであることが分かりました。

最後までお読み頂きありがとうございました。