今、関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていたことが発覚し問題になっています。

関西電力の社長や役員などが毎日のようにテレビに取り上げられています。

岩根茂樹社長はどんな経歴や学歴を経て社長という今の地位についたのか気になりますよね。

そこで今回は、関西電力社長の岩根茂樹について一体どんな人物なのかまとめてみました。

 

 

岩根茂樹社長のプロフィール

社長の画像2

・名前:   岩根 茂樹(いわね しげき)

・生年月日: 1953年 5月 27日

・年齢    66才

・出身地:  大阪府

岩根茂樹社長は出身地が大阪ということで地元の関西電力に就職されたようですね。

自宅も仕事もずっと地元の大阪に身を置かれています。

 

岩根茂樹社長の出身高校や学歴

社長の画像

ここでは関西電力の岩根茂樹社長の学歴についてまとめてみました。

社長にまで登りつめたということはやはり学歴も凄いのでしょうか。

岩根茂樹社長の出身大学

まず、岩根茂樹社長の出身大学は、京都大学法学部です。

2019年現在の偏差値は62.5〜72.5でやはり入学難易度の高い大学ですね。

京都大学の中でも法学部という学部の偏差値は67.5で上位に入る程レベルの高い学部のようです。

やはり岩根茂樹社長は勉強が出来たエリートということなのでしょう。

岩根茂樹社長の出身高校

出身高校についてですが、一般人ということで明らかになっていませんでした。

京都大学に進学する学生が多い高校を調査すると2019年現在のトップ3位は、

・1位 大阪府立北野高等学校

・2位 洛南高等学校

・3位 堀川高等学校

ということが分かりました。

3校とも大阪や京都にある学校がランクインしており岩根茂樹社長は大阪出身で頭も良いのでこの辺りの高校が有力と思われます。

 

岩根茂樹社長の経歴

岩根茂樹の画像

岩根茂樹社長はどのような経歴を経て現在の取締役社長という座に登りつめたのでしょうか。

岩根社長の経歴をまとめました。

こちらをご覧ください。

・1976年 関西電力 入社

・1993年 関西電力京都支店 支店長室長 就任

・1994年 関西電力総務室文書 課長 就任

・1997年 関西電力購買室 副部長 就任

・2000年 関西電力購買室機器契約 グループチーフマネージャー 就任 

・2001年 関西電力燃料室燃料計画 グループチーフマネージャー 就任

・2005年 関西電力支配人原子力保全改革推進 室長 就任 

・2007年 関西電力執行役員 企画室長 就任

・2010年 関西電力 常務取締役 就任

・2012年 関西電力 取締役副社長 就任

・2013年 関西電力 取締役副社長執行役員 就任

・2016年 関西電力 代表取締役社長 就任

・2019年 電気事業連合会 会長 就任

経歴を見ても分かるように、入社してから17年後の1993年に支店長室長になってからが怒涛のスピードでどんどん出世していますね。

また、岩根社長は、購買室や総務、燃料企画室など現場を一通り経験されているようです。

やはり会社から大きな期待をされていたからこそ、たくさんの経験を積めるような環境を提供されたように思います。

電気事業連合会とは、電力システムの改革や原子力発電所の再稼働問題などの対応を政府と一緒になって考えていくという会らしいです。

岩根茂樹社長は関西電力だけでなく日本の電気事業に大きな影響をもたらす人物のようですね。

 

岩根茂樹社長の年収が凄い

コインの画像

岩根茂樹さんは関西電力の社長ですのでさぞかしお給料も桁外れなんでしょうね。

下世話な話ですが気になってしまいました…。

そこで調査したところ、昨年度(2018年)の関西電力の平均年収はおよそ792万円

部長クラスになると、年収はおよそ1,000万円を超えるのだとか。

また、役職ごとにおよそ200万円年収に差が出てくるようです。

岩根茂樹社長の年収は明らかにされていませんが、前任の八木社長が電気料金の値上げに合わせ平成25年に自身の報酬を約70%カットするという宣言をされました。

70パーセントカットした報酬はおよそ2,000万円だったそうです。

え?と一瞬思考が止まってしまいそうになりますが、普段はもの凄い額の報酬をもらっているんですね。

逆算すると、普段は6,700万円ほどの役員報酬(年収)があるということなので岩根茂樹社長の年収もおよそ6,700万円ではないかと思われます。

【関西電力に金品を提供した元助役の森山栄治さんの記事も読まれています】

森山さんの画像

森山栄治(元助役)とは?経歴がヤバい!結婚して子供や家族はいたのか