ジャニーズ事務所代表取締役であるジャニー喜多川社長が自宅で倒れ、緊急搬送されました。

年齢も現在、87歳ということでご高齢のようですので社長交代という日も近いかもしれません。

後継者に最も近い人物としてタッキーこと滝沢秀明さんが次の社長になるのでは?という声もあるようです。

そこで、ジャニー喜多川社長と滝沢秀明さんの関係性について調査しました。

 

ジャニー喜多川社長と滝沢秀明(タッキー)の関係とは?

タッキーはジャニーさんのお気に入りのうちの1人として有名です。

そしてお気に入りの中でも上位に入るお気に入りなのだとか。

また、ジャニーさんは少年愛という独特な性的趣向を持っているという噂があるため、タッキーは愛人のような関係なのではないかと言われていたようです。

というのも、ジャニーさんとタッキーの関係に何やら怪しい噂が流れたようなんです。

それは、タッキーのジュニア時代にさかのぼります。

 

タッキーは地方でのイベントの仕事があったため、同じジュニアとして活動していたA君と同じホテルに宿泊していました。

そして夜中に、ジャニーさんが酔っ払っている様子で2人が寝ている部屋に入ってきました。

ジャニーさんはA君が寝ているベッドに入り、次はタッキーが寝ているベッドへ。

A君がタッキーのベッドを見ると、激しく動いている光景があったのだとか。

 

のちにA君がジャニーズ事務所を退所し、暴露したことにより噂が広まったようです。

タッキー自身はこの疑惑を否定しておりどこまでが本当なのか、はたまた、真っ赤な嘘なのか真相は闇の中のようです。

ですが、ジャニーさんには少年愛があり、過去に自分も親密な関係があったと暴露した元ジュニアの方が複数人いらっしゃるようです。

あくまで噂なので真相は定かではありませんが、複数人の証言があるという事実があるのでジャニーさんの少年愛という噂は本当なのでは?と思ってしまいますよね。

 

 

ジャニー喜多川社長と滝沢秀明(タッキー)の信頼関係について

タッキーがジャニーズ事務所に入所した理由は、13歳の時に堂本光一さんに憧れたことがきっかけだそうです。

ジャニーさんとタッキーの絆や関係について見てみましょう。

滝沢秀明のジュニア時代とジャニー喜多川

ジャニーさんは、タッキーの履歴書を見るとすぐさま電話をかけ呼び出したようです。

少年の顔を見ただけでその子が大人になった時の顔が分かるというジャニーさん。

数々の人気ジャニーズアイドルを発掘、輩出して来られたジャニーさんが自ら電話をかけるということは、タッキーにはそれほどずば抜けた何かがあったんですね。

タッキーは入所後すぐにドラマ出演や先輩のコンサートのバックダンサーを務めるなど、異例の速さで活躍の場を与えられたようです。

ジャニーさんによると、タッキーは強い思い入れのある特別な存在だったようで自ら演技指導など行なっていたそうです。

タッキーもジャニーさんの期待に応えどんどん実力を伸ばしていき、15歳の時には総勢100人ほどいるジュニアのリーダーに抜擢されました。

しかしジャニーさんに可愛がられるタッキーを見て、周りのジュニアはあまり良い顔をしなかったそうです。

タッキーはこの現実に葛藤した時期もあったようですが、ジャニーさんの存在や助言によりジャニーズ黄金期を支えてきました。

滝沢秀明の芸能界引退とジャニー喜多川

タッキーは、所属していたユニット「タッキー&翼」を解散し、芸能界引退という道を選択しました。

そこには、ジャニーさんとの信頼関係が影響していました。

タッキーはこれまで、コンサートやテレビ番組出演などジャニーズとしての活動をしながら、ジャニーさんの元で舞台や演出を学んできました。

また、ジャニーさんが人生をかけて取り組んできたジュニアの育成を間近で見てきました。

そのため、ジュニアの育成やプロデュースに携わりたいと思うようになり引退を決意したようです。

タッキーは、プレイヤーとしてではなくジュニアの育成に人生を捧げる決断をしたようです。

ジュニア時代からジャニーさんと二人三脚で歩んできたタッキーにとって、ジャニーさんがいつしか目標のような存在になったのかもしれません。

ジャニーさんへ恩返ししたいという気持ちが強くあるのでしょう。

その気持ちに応えるかのように、ジャニーさんも後継者としてタッキーを指名しているので2人の絆はとても深いと思われます。

 

滝沢秀明(タッキー)はジャニーズ事務所の社長にはなれない?

ジャニーさんはタッキーを次の後継者として指名したようですし、2人の信頼関係は強い絆で結ばれているので、ジャニーさんが引退した後は、ジャニーズ事務所の社長になるのでしょうか。

実際に、事務所の幹部候補には元ジャニーズという方もいらっしゃるようなのであり得なくも無い話ですよね。

将来的には、幹部候補や代表取締役という可能性もあるのでしょうか。

ジャニーさんは、タッキーを後継者として指名しましたが、その「後継者」という意味合いが私たちが思っているものとは少し違っているようです。

ジャニーさんは、社長ですが「経営」にはあまり興味が無く、「ほとんどノータッチ」と言われています。

ジャニーさんの仕事は、

 

・新たなスターの発掘

・ジュニアの育成

・コンサートや舞台の演出、プロデュース

 

だそうで、その中でも特に舞台に力を入れているのだそう。

タッキーが後継者として指名された意味は、「経営者」としてでは無く、第二のジャニーさんのようなジャニーズの未来を担う存在という意味のようです。

そして実際、経営を担っているのはジャニーさんの姉である「メリー喜多川副社長」です。

経営者という意味での後継者は、メリー喜多川さんの娘であり現在、副社長の「藤島ジュリー景子」さんです。

ジャニーさんは自宅で倒れ緊急搬送されましたし、ご高齢ですので体調や体力の面で不安要素が大きいでしょう。

そのため、タッキーに自分の右腕的な存在、そして未来のジュニアの育成を託すために後継者として指名したのでしょう。

 

【こちらの記事も読まれています】

ジュリーの画像

ジャニーズ事務所は崩壊の始まりか!闇や派閥を調査!藤島ジュリーに社長は無理?

ジャニー喜多川社長と滝沢秀明(タッキー)の関係まとめ

ジャニーさんとタッキーには深い信頼関係があることが分かりました。

ジャニーさんが持っているとされる独特の性的思考の影響から少し怪しい関係も噂されていたようですが。

そして、後継者としてタッキーが指名された理由は、会社の経営面では無くジャニーズの未来を担う後継者として指名されたようです。

そのため、将来タッキーがジャニーズ事務所の幹部となる可能性はありますが、ジャニーさんのように社長になる可能性は低いように思われます。

最後までお読み頂きありがとうございました!