テコンドー協会が現在話題になっています。

強化合宿が行われる予定でしたが、大半の選手がボイコットをしたということでテコンドー協会の会長である金原昇会長が注目されています。

金原会長の画像を見てみると結構強面の方という印象を受けましたが、それ以前に髪型が気になっちゃいました。

そこで今回は金原昇会長の経歴や髪型についてまとめてみました。

【石川県レスリング協会会長の記事も読まれています】

会長の発言画像

下池新悟会長の経歴学歴&プロフィールまとめ!レスリング以外での権力も凄い

下池新悟会長のインタビュー内容や経緯まとめ!態度や威圧感がヤバい

 

 

金原昇会長のプロフィール

金原会長の画像2

・名前: 金原 昇 (かねはら のぼる)

・年齢: 65才

・職業: 日本テコンドー協会 会長

・特技: 空手

プロフィールの特技にもあるように、金原会長は空手をされていてテコンドーの経験は無いと報じられています。

スポーツの会長と言えば過去に選手として大きな実績などを積んだ人がなるものだと思っていましたが経験無しでも会長になることが出来るんですね。

過去にはボクシングの山根会長が話題になっていましたが、山根会長も過去にボクシングをやられていたようですが…。

金原会長がどのように会長になったのか次の経歴でご紹介させていただきます。

 

金原昇会長の経歴や出身

会長の画像3

金原会長はテコンドーの経験が無いようですがなぜ会長なのでしょうか。

経歴についてはこちらをご覧ください。

・1990年 長野テコンドー協会理事長

・2005年 全日本テコンドー協会常務理事

・2008年 会長兼北京五輪強化委員長

・2016年 会長退任

・2017年 会長再任

金原会長は実は2016年に一度会長を退任されているんですね。

というのも、2016年の北京五輪から2012年ロンドン五輪、2016年リオ五輪とテコンドーはメダルが0だったようです。

また、不祥事が過去にあったようです。

それは国庫補助金の一部を個人で受け取っていたというのです。

周囲からは、独裁体制だ、組織を私物化しているなどと批判の声があったようです。

また、出身地についてですが長野県ではないかと言われているようです。

というのも、1990年代まで長野のテコンドー協会で理事長をされていたことから長野県ではと言われています。

 

金原会長の髪型が気になる

テコンドー協会は、選手ファーストでは無い体制が問題になっていますがそれとは別に金原会長の髪型が話題になっているようです。

ネット上では化学繊維みたいだという声も上がっていました。

それにしても特徴的な髪型というか毛質ですよね。

金原会長のカツラ疑惑を検証

ここでは金原会長はカツラなのか調査しました。

カツラと言えば、

・生え際と髪の毛の毛質が違う

・髪の毛が浮いている

という特徴があるのではないかと思います。

改めて金原会長を見てみましょう。

髪型の画像

毛質が気になりますが、生え際からしっかり髪の毛が生えていますし浮いてもいないですね。

ということは、カツラでは無く地毛の可能性が高い気がします。

また、パンチパーマの人の画像を検索すると、こんな感じでした。

パンチパーマの画像

ちょっと金原会長と似ていませんか。

金原会長の地毛が剛毛だとするならば、あのような髪型もありえるのではないでしょうか。

また、薄い髪を隠すために黒い粉をポンポンするやつが売ってありますよね。

あれを使っているのかもしれません。

金原昇会長の経歴や髪型のまとめ

金原会長は、1990年代からテコンドー協会と深い関わりがあることが分かりました。

また長年トップにいたことから金原会長の権力は大きいのでしょう。

そしてカツラ疑惑についてですが、地毛ではないかという答えに至りました。

・もともと地毛が剛毛のうえパンチパーマをしている

・髪が薄い人の為の黒い粉を使っている

という可能性が高いのではと思われます。

【石川県レスリング協会会長の記事も読まれています】

会長の発言画像

下池新悟会長の経歴学歴&プロフィールまとめ!レスリング以外での権力も凄い

下池新悟会長のインタビュー内容や経緯まとめ!態度や威圧感がヤバい