陸上の桐生祥秀(きりゅう よしひで)選手は100メートルを9秒98で走り、日本記録保持者として有名な選手ですよね。

将来が期待される桐生選手はやっぱり昔から凄かったのでしょうか。

桐生選手の小学校から高校までの学生時代について調査してみました。

 

 

桐生祥秀選手の小学校時代

桐生祥秀選手の画像

 

結果を残すアスリート選手と言えば、幼い頃から同じスポーツなどをされている方が多いイメージですよね。

福原愛さんなどが代表的な例として有名です。

桐生選手も同様に幼い頃から陸上をしていたのだろうと思っていたのですが、実は幼少期はサッカーをされていたようです。

そして、実力は地元の選抜選手に選ばれるほどで将来プロサッカー選手を期待されていたのだとか。

ポジションは意外にもゴールキーパーだったそうです。

サッカーの実力は凄かったようですので、足の速さ意外にも反射神経や動体視力などが優れていたのでしょうか。

しかし、ボールの取り合いになるとボールを譲ってしまうという温厚さが出てしまい相手と接触のあるスポーツは向いていないとお父さんが判断されたようです。

そして父親はもともと足が速かったそうなのですが、桐生選手が小学校5年生の時には父親が足の速さで勝てなかったことから陸上に転校させたようです。

そして、桐生選手の足の速さは幼稚園時代から頭角を表していたようで、運動会では一人大人が混じっているレベルで周りを引き離していたそうです。

陸上ではなくサッカーしかもゴールキーパーをしていたとは驚きです。

また、小学生ながら父親よりも足が速いとはもともと陸上の素質があったようですね。

父親も足が速いようですので、まさに持って生まれた才能なのでしょう。

 

桐生祥秀選手の中学校時代

桐生祥秀の画像

 

桐生選手が陸上を始めたのは中学時代からのようです。

中学生時代も、もちろん同級生とはレベルが違い体育祭などで一人独走体制だったようです。

中学3年生の時の全日中では200メートル決勝で21秒61という歴代6位の記録を残していますが、日本中学記録を出した日吉克実選手に破れ2位という結果でした。

また、400メートルでは8位という結果だったようで、今の桐生選手の実力からするともっと上をいけたのでは?と思ってしまいます。

というのも、中学生時代は腰痛肉離れに悩まされていたようで結果が思うように奮わなかったようです。

桐生選手にも伸び悩んだ時期があったとは驚きです。

 

桐生祥秀選手の高校時代

祥秀選手の画像

 

高校は京都の洛南高校に進学されましたが、直線距離が80メートルしかとれない環境だったためにミニハードルを中心にトレーニングされていました。

そして桐生選手は高校時代も腰痛に悩まされていたようです。

高校2年の2012年6月のインターハイ京都府大会に出場した際、100メートル準決勝で10秒33、決勝で10秒35の好タイムを記録しましたがその大会後に腰を痛めてしまったようです。

その影響で2ヶ月間練習が出来なかったほどでした。

次の大会の近畿大会では、歩くのも困難なほどだったようですが100メートルを10秒61で制しました。

高校2年の時は腰痛に悩まされていたようですが3年生の頃にすごい伝説を残しています。

インターハイに出場した際、400メートルリレーでアンカーを担当し7位でバトンを受け取ったそうですが6人をごぼう抜きし大逆転優勝したそうなのです。

インターハイといえば強者だらけですよね。

その強者達を一気に引き離すとはさすが桐生選手としか言いようがありません。

圧巻です!!

 

まとめ

桐生選手の足の速さは父親譲りで、幼少期から頭角を表していたことがわかりました。

しかし、ずっと陸上をしていたのではなく小学生時代はサッカーをされており、サッカーの実力も認められるほどのようでもともと運動神経が優れていたようですね。

しかし、中学生時代と高校生時代に腰痛や肉離れなどの故障に悩んだ時期もあったようです。

天才と言われる桐生選手も私たちの見えないところで苦労や努力を重ねて来られたようですね。

今後も桐生選手の活躍に期待し、応援を続けていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました!