2020年、皇位継承問題で政府が有識者に対し、旧宮家の復活(復帰)に関する聴取を行なっています。

そもそも「旧宮家」とはどんな方々のことを言うのでしょうか。

また、旧宮家で現在独身の男子は誰なのでしょう。

旧宮家の家系図を紹介するとともに男系男子は誰なのか併せてご紹介させて頂きます。

 

旧宮家とは?

旧宮家画像

 

旧宮家とは旧皇族とも呼ばれ、1947年に皇室を離脱した11宮家の総称です。

旧皇族の11宮家は、すべて室町時代以来続く世襲親王家の筆頭であった伏見宮家の男系子孫にあたる。
明治天皇の皇女である4人の内親王が、竹田宮、北白川宮、朝香宮、東久邇宮の各家に、昭和天皇の皇女・成子内親王が東久邇宮家にそれぞれ嫁いでいるため、現皇室とも姻戚関係が深い

皇籍離脱後の旧宮家の人々は、それぞれ宮号から「宮」の字を除いたものを苗字として名乗り、民間人としての生活をされています。

旧宮家はなぜ皇室を離脱した?

1945年、日本は大東亜戦争に敗戦したことがきっかけでGHQの圧力や強制により、三直宮を除く全ての宮家に対し「皇籍離脱」の宮内府告示が下りました。

全ての宮家が存続が事実上不可能な状況となり、当時、11宮家(51人もの皇族)が一度に皇籍を離れる非常事態となりました。

旧宮家の家系図

旧宮家は、11宮家に分かれており、

伏見宮(ふしみ)・閑院宮(かんいん)・山階宮(やましな)・北白川宮(きたしらかわ)・梨本宮(なしもと)・久邇宮(くに)・賀陽宮(かや)・東伏見宮(ひがしふしみ)・竹田宮(たけだ)・朝香宮(あさか)・東久邇宮(ひがしくに)

といった構成になっています。

次に示す家系図は年齢や結婚歴など個々の情報が遅れている部分があります。

伏見宮邦家親王が源流である旧宮家の家系図はこちらです。

 

旧宮家の現在!男系男子の独身男子は誰?

法学者の百地章教授によると、旧宮家の独身の男系男子は現在8名いらっしゃるとのこと。

  • 賀陽(かや)家・・・正憲氏のご子息 2名
  • 久邇(くに)家・・・邦晴氏(大手重機メーカー)
  • 東久邇(ひがしくに)家・・・征彦氏のご子息

                 照彦氏のご子息

                 睦彦氏(自動車販売会社)

                 壬生基博(秀彦氏)のご子息 2名

  • 竹田家・・・・・恒貴氏(大手商事会社)

             恒昭氏(電通)

表の中には10名あがっていますが、久邇(くに)家の邦晴氏は現在年齢が高齢ということもあり、カウントされていないようです。

また、竹田家の恒昭氏(竹田恒泰のいとこ)は、2015年に大麻所持で起訴されているのでおそらくカウントされていないと思われます。