自民党衆院議員の望月義夫議員が72歳という年齢で残念ながらお亡くなりになられました。

体調不良が続き最近まで入院されていたようです。

議員として尽力された望月義夫議員についてどんな方だったのか詳しく学歴や経歴について振り返ってみたいと思います。

また、子供や家族の情報についても調査しました。

 

スポンサーリンク

 

望月義夫議員のプロフィール

望月議員の画像

・名前: 望月 義夫 (もちづき よしお)

・生年月日: 1947年 5月 2日

・出身地: 静岡県清水市

・肩書き: 法学士

スポンサーリンク

 

望月義夫議員は庶民派の生い立ちだがお金持ち

望月議員は静岡県清水市で次男として生まれました。

実家は商店街で八百屋さんを経営していたそう。

とても庶民派出身の議員さんだったようです。

地元では「八百屋のよっちゃん」と呼ばれるほど親しまれています。

八百屋の精神を忘れないためにシンボルマークを「トマト」にされているそうです。

とても庶民派で親しみやすい感じがしますが、実は懐はホカホカなようです。

・資産:  5549万円

・土地:  2056平方メートル所有(静岡県内)

・建物:  5軒所有

なかなかお金持ちなんですね。

しかし、これらの資産も議員として尽力されてきた功績なのでしょう。

スポンサーリンク

 

望月義夫議員の学歴

勉強の画像

望月議員の学歴についてご紹介させて頂きます。

・出身高校: 静岡県立清水東高等学校

・出身大学: 中央大学 法学部

清水東高校は、サッカーも有名で文武両道の進学校として有名のようです。

2019年現在、偏差値は66〜70ということでとてもレベルが高いですね。

また、中央大学も言わずと知れた有名な大学です。

その中でも法学部は最も偏差値が高く、偏差値は70〜74だそうです。

 

望月義夫議員の経歴

望月議員の画像2

望月議員の経歴についてご紹介させて頂きます。

・昭和50年: 静岡市議 初当選(4期務める)

・平成3年: 静岡県議会議員 当選(2期務める)

・平成8年: 衆院選 当選

・平成13年: 初代外務大臣政務官 就任

・平成14年: 環境大臣政務官 就任 (小泉改造内閣)

・平成18年: 国土交通副大臣 就任

・平成20年: 衆議院国土交通委員長

・平成24年: 自由民主党行政改革推進本部長

・平成26年: 環境大臣・原子力防災担当大臣 就任

・平成28年: 自民党幹事長代理

・平成29年: 災害対策特別委員会

スポンサーリンク

 

望月義夫議員の娘や家族について

家族の画像4

ここでは望月議員の家族についてご紹介させて頂きます。

望月義夫議員に娘や息子はいる?

望月議員は、子供がお二人いらっしゃるようです。

息子はおらず、娘さんが2人なんだそう。

娘さんはご結婚されて望月議員にお孫さんがいてもおかしくない年齢でしょうが、残念ながらそういった情報は公開されていないようです。

望月議員の嫁(妻)や母親について

望月議員の奥さんは、「真由美(まゆみ)さん」という方だそうです。

20代の頃から長年、夫婦二人三脚で歩まれてこられたようです。

残念ながら、2010年に62才という若さでお亡くなりになられています。

そして、望月議員の母親は「やう(よう)」さんという名前だそう。

母親も2013年に98才という年齢でお亡くなりになられています。

望月義夫議員の経歴や生い立ち・家族のまとめ

望月議員は、庶民派の議員として支援者や地元の方々からとても親しまれていた存在だったようです。

人柄や人望から、環境大臣など重要なポストを任されてきたようですね。

ご家族については娘さん2人はご健在のようですが、母親や奥さんはすでに旅立たれていたようです。

望月義夫議員のご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク