2021年4月スタートのドラマ『リコカツ』

北川景子さんと永山瑛太さん出演の注目ドラマですが視聴者からは『疲れる』『怖い』といった声があがっています。

その理由には瑛太さん演じる紘一のクセが強いところや家訓、後輩女性の存在があるようです。

スポンサーリンク

 

リコカツが疲れる!理由やネットの反応

リコカツが疲れる理由には、

  • 瑛太(紘一)のキャラが濃い、クセが強い
  • ストーリーの展開が早い
  • 登場人物が多い
  • かき混ぜられる展開にハラハラする

などがあるようです。

リコカツでは、夫婦の離婚問題だけでなく両家の親の離婚問題も絡んでくるので登場人物が多いうえに展開が複雑といった部分があります。

また、紘一(瑛太)が厳格な家で育ち自衛隊という職業柄もあって一般的な家庭とは違うキャラの濃さやクセの強さに疲れるようですね。

そしてリコカツは金曜日放送なので一週間の疲れが溜まっている時期ということも相まって『疲れる』という声が多くあがっているようです。

スポンサーリンク

家訓の意味や内容とは?

 

リコカツでは、紘一(瑛太)が早朝から咲(北川景子)に家訓を読ませるという変わったシーンがあります。

その家訓の内容や意味とは

  • 至誠に悖るなかりしか(しせいになかるもとかりしか)

→誠実さや真心、人の心に背くことがなかったかという意味

  • 言行に恥づるなかりしか(げんこうにはずるなかりしか)

→発言や行動に過ちや反省がなかったかという意味

  • 気力に缺るなかりしか(きりょくにかけるなかりしか)

→精神力や集中力は十分であったかという意味

  • 努力に憾みなかりしか(どりょくにうらみ)

→努力を十分にしたか努力不足ではなかったかという意味

  • 不精に亘るなかりしか(ぶしょうにわたるなかりしか)

→何かをするとき面倒くさがってはいなかったかという意味

早朝から家訓を読まされるとは思ってもみないですよね。

このクセの強さも視聴していて疲れる要因の一つです。

この家訓は『海上自衛隊第1科学校・海上自衛隊幹部候補生学校』の学生に唱和させている内容と同じなんです。

紘一(瑛太)は家訓を読むことが当たり前となっていますがこの習慣を咲(北川景子)に押し付けるのは如何なものかと思います。

スポンサーリンク

リコカツが怖い理由はなぜ?ネットの反応

リコカツが怖いという意見をまとめると、

  • 後輩の自衛隊女性の行動が怖い
  • 恋愛小説家役の白洲迅さんが怖い
  • 今後の展開が怖い

などの理由があるようです。

咲の元カレも登場していますし、後輩の自衛隊女性も紘一を諦めていないようなので今後どうなっていくのかハラハラドキドキの展開です。

自衛隊・後輩女の一ノ瀬役は誰?田辺桃子が怖い!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】リコカツ -TBS金曜ドラマ- & リコハイ(@rikokatsu_tbs)がシェアした投稿

後輩の自衛隊女性の一ノ瀬純役は『田辺桃子(たなべももこ)』さんという女優です。

年齢は2021年、現在22歳ということで若手女優ですが落ち着いた雰囲気がありますね。

紘一に密かに憧れ、咲よりも自分の方がふさわしいと思っています。

そしてバーベキューの際に咲を山に置き去りにするなど嫌がらせを行い、批判の声があがっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】リコカツ -TBS金曜ドラマ- & リコハイ(@rikokatsu_tbs)がシェアした投稿

ドラマの中では恋敵の二人ですが、オフショットでは仲の良い一面も垣間見れます。

恋愛小説家の水無月連は誰?白洲迅が怖い!?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】リコカツ -TBS金曜ドラマ- & リコハイ(@rikokatsu_tbs)がシェアした投稿

恋愛小説家の水無月連(みなづきれん)を演じるのは白洲迅(しらすじん)さんです。

ラブサスペンスドラマ『私の夫は冷蔵庫に眠っている』にも出演されています。

妻に殺されるも翌日平然と帰ってくるという謎の夫役を演じられ、怪演ぶりが強すぎて表情が怖いと話題になっています。