ロッキンジャパンフェス2021が急遽、中止となったことが判明しました。

楽しみにされていた方も大勢いらっしゃったことと思いますが非常に残念でなりません…。

ロッキン2021の中止には茨城県医師会が関わっていたと言われていますが肝心の要望書が医師会HPから既に削除されていました。

そこで、茨城県医師会の要望書の内容を画像でご紹介するとともに、ロッキンジャパンフェスの渋谷陽一プロデューサーや参加予定だったアーティストのコメントもご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

 

【画像】ロッキン中止に関する茨城県医師会の要望書!

茨城県医師会がロッキンジャパンフェスの運営側に要望書を提出していたようです。

しかし中止が決定したいま、要望書は医師会のHPから削除されてしまっています。

要望書の画像はこちらです。

まず、茨城県医師会がロッキンジャパンフェス側に対して、要請したことを公表しています。

茨城県医師会

引用:Twitter

開催の中止または延期を検討することや、仮に開催する場合でも更なる入場制限措置等を講ずるとともに、観客の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すことを要請しました。

そして、要望書なるものの画像はこちらです。

茨城県医師会要望書

引用:Twitter

赤線を引いている部分が、要望書の内容となっています。

1.今後の感染拡大状況に応じて、開催の中止又は延期を検討すること。

2.仮に開催する場合であっても仮に開催する場合でも更なる入場制限措置等を講ずるとともに、観客の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すこと

感染拡大防止をしなければならないということは誰しも分かっていることですが、この要望書の内容が具体的でなく曖昧すぎたことが中止の原因になったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

ロッキン中止に関する渋谷陽一のコメント

ロッキン開催の中心人物としてこれまで活動されてきたプロデューサーの渋谷陽一さんがコメントを発表されています。

ひとつ目は「今後の感染拡大状況に応じて、開催の中止または延期を検討すること」でした。開催1ヶ月前になり、フェスの準備の多くは既に進んでいます。グッズの制作、スタッフの確保、宿泊の手配、関連映像の制作、装飾物のデザイン・制作などです。今、中止を決定しても億以上の支出になります。それは日に日に何千万円の単位で増えていき、最終的には大変大きなものになります。参加アーティストは40いますが、このフェスの為のみのグッズ制作、リハーサル、スタッフの確保、サポートメンバーの確保、映像制作がそれぞれ進んでいます。トータルに考えると巨額な経費が既に使われ、このまま進むとそれはより膨らんでいきます。私たちはこうしたことを踏まえ開催を判断していかなければなりません。「感染拡大状況に応じて、開催の中止や延期」という要請が出ている中で、これ以上判断を先に延ばすことは余りにもリスクが大き過ぎます。

また、「感染拡大状況に応じて」と書かれていますが、その解釈は余りに多様で基準が曖昧です。何をもって感染拡大とするのか、それに基づく中止や延期の基準となるものは何かは明示されておりません。感染者数なのか、死亡者の数なのか、病床の使用率なのか、あるいは緊急事態宣言の発令なのか、私たちには分かりません。それでは私たちは対応ができません。その状況で判断を先延ばしにすることはできません。

ふたつ目は「仮に開催する場合であっても、更なる入場制限措置等を講ずるとともに、観客の会場外での行動を含む感染防止対策に万全を期すこと」となっています。既にチケットは発売され、売り切れとなった日も出て万に近い落選者も出てきています。この段階で新たな入場制限は不可能です。もし再抽選となれば参加者との信頼関係は失われてしまいます。そうしたことは私たちはすべきではないと考えています。また時間的にも再抽選に現実性はありません。

「観客の会場外での行動を含む感染防止対策」ですが、これも余りにも多様な解釈が可能で、もし文字通りの解釈をするならば、フェスに参加した方の会場外の全ての行動に対して、私たちは感染対策を行わなければなりません。それは不可能です。きっとそうではないのでしょうが、「会場外での行動」が何を示しているのか細部を議論する時間的余裕は、これまで書かせていただいたように私たちにはありません。私たちが1年以上かけて議論、検討してきた感染対策は、ステージ・フロントにおける参加者の距離、飲食エリアでの着席のルールなど、何千という運営細部に関するものです。私たちは感染対策の本質は細部に宿るものと考えてたくさんの時間と知恵を使ってきました。このタイミングに至っての「感染防止対策に万全を期すること」という包括的な要請に、何を以て万全とするのか、どのような新たな対策を提示すれば良いのか、残された時間の少なさを前に途方に暮れてしまいました。

渋谷陽一プロデューサーの苦渋の決断だったこと、そして無念さがひしひしと伝わってきます。

誰よりもロッキンを開催したかったのは彼だったに違いありません。

茨城県医師会の要請に曖昧な点があったことから、開催を断念するに至った経緯が書かれています。

スポンサーリンク

 

ロッキン2021に参加予定だったアーティストのコメント

ロッキンジャパンフェスに参加予定となっていたアーティストらが中止に対するコメントを発表されています。

ゲスの極み乙女の川谷絵音のコメント

キングヌー 井口理のコメント

KANA-BOONの谷口鮪のコメント

ワンオクTakaのコメント

ワンオクのタカのコメント

引用:Takaのインスタグラムストーリー

これは僕の一意見。

しょうがないとか 残念とかで 許してくれる

日本の音楽好きミュージシャンも本当に優しい。

ただな。もう そろそろみんな怒るよ。