大注目の甲子園ですが、佐々木郎希選手が高校生における最速記録を更新し163キロをマークしました。

個性的な名前ですが、読み方は「ささき ろうき」と読むそうです。

ずば抜けた才能に個性的な名前で覚えやすいですよね。

佐々木郎希選手は、世間の注目を1人でかっさらっていくような勢いで大活躍しています。

そこで今回は、佐々木郎希選手の出身や学歴・経歴などについて調査しました。

才能や努力の甲斐あって昔から実力が凄かったようです。

 

佐々木郎希の出身やプロフィール

佐々木選手の出身は、岩手県陸前高田市だそうです。

では早速、プロフィールを見ていきましょう。

佐々木選手の画像

・名前:    佐々木 郎希 (ささき ろうき)

・生年月日:  2001年 11月 3日

・身長:    189センチ(18才時点)

・体重:    81キロ(18才時点)

・出身:    岩手県陸前高田市

50メートルを5秒9で走る俊足で打順は一番を任されることが多いんだとか。

才能や実力もさることながら、イケメンですね!

これは周りの女子はほっとかないでしょう。

身長や体重も今後さらに大きくなってたくましい体格になることと期待します。

 

佐々木郎希の学歴について

佐々木選手の気になる出身校ですがどこなのでしょうか。

学歴を調査しました。

出身中学は?

野球の画像

佐々木選手は岩手県にある大船渡市立第一中学校を卒業されています。

中学時代からなんと身長が186センチもあったようなんです。

佐々木選手が凄い理由には恵まれた体格も要因の一つだったんですね。

出身高校は?

佐々木郎希の画像

佐々木選手は2019年現在、高校生なので出身高校というより在籍高校になりますが、、。

岩手県にある大船渡高校に通われています。

偏差値は51となっており平均的な学校のようです。

スポーツが盛んな学校で、サッカー部や野球部などが県内でもトップレベルで強豪校として有名のようです。

 

佐々木郎希の経歴について

佐々木選手の学生時代の実力について調査しました。

昔から凄い選手だったのでしょうか。

佐々木郎希の中学時代

郎希選手の画像

中学時代は軟式野球部でプレーされていました。

当時から球速141キロを記録し世間の注目を集めました。

中学3年の時には、軟式と同じ大きさのゴム製で硬球と同じ重さのボールを使うKWB大会に、オール気仙メンバーに選ばれ出場しました。

佐々木選手はエースとして活躍し、東北大会に出場・準優勝という結果を残しました。

中学時代に球速141キロを記録していますが、硬式ボールだったらもっとスピードが出ていたということで高校野球のスカウトが多数きていたようです。

佐々木郎希の高校時代

佐々木郎希の画像

佐々木選手は高校1年生から公式戦で活躍しています。

夏の大会では自己最速となる球速147キロをマークして、自身の成長を証明しました。

しかしその後、成長痛に悩まされてしまい1球も投げずに高校1年の秋が終わってしまいます。

高校2年生の時に公式戦初先発という大役を担い、球速153キロという自己最速を更新しています。

同じ年の秋には、球速157キロをマークし、高校2年史上最速タイという記録を叩き出しました。

成長痛という我慢の時期を乗り越えて大復活したという感じですね。

高校3年の時にはU18の代表合宿で球速163キロという高校生史上最速の記録を叩き出しました。

佐々木郎希の出身校や学歴・経歴のまとめ

佐々木選手は岩手県出身で中学も高校も地元の学校に進学されたことが分かりました。

そして、中学時代から注目が高くスカウトが多数きていたようです。

また、高校時代には成長痛というアクシデントに見舞われながらも次々に自己記録を更新するという大躍進を遂げています。

今後も更なる活躍を期待したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました!