2021年4月20日放送の『世界仰天ニュース』では、埼玉県に住むシングルマザーが電話占いに相談したことがきっかけでマインドコントロール(洗脳)され1億円を騙し取られるという実際に起きた事件が取り上げられます。

マインドコントロールを行った電話占い師とは一体誰なのか名前(実名)や顔画像が公表されているのかまとめました。

また、電話占い師の現在や事件の結末ネタバレについてもお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

 

1億円詐欺&マインドコントロール電話占い師の概要【世界仰天ニュース】

事件は、2008年にさかのぼります。

友人も身内にも頼る人がいない2人の子を持つ当時26歳のシングルマザーが離婚に悩み電話占い師に相談。

シングルマザー

親身になってくれる占い師に、心を許した女性は占い師に頻繁に電話するようになり、占いというよりはこの占い師の女性にハマっていきます。

占い師と電話する生活が当たり前となり月8万円の相談料を払い、2人の子供には目もくれず生活もめちゃくちゃに。

電話相談を始めて10ヶ月後、子育てのことを相談すると

『子どもと相性が悪いため元夫に親権を譲って自分の元へ来るように』

と言われ、子どもと離れて占い師が所有する東京・広尾のマンションへ。

引っ越し
占い師が所有するマンションの家賃は月々27万円

女性はそんな家賃は払えないと言ったが、占い師は自分の身の回りの雑用を手伝ってくれたら家賃分の報酬を支払うといい女性を住まわせました。

占い師に命じられた雑務とは、ほとんどが買い出しでそれを電車で数駅離れた場所にある占い師の自宅に届けるというもの。

その際、顔を合わせることは無く、品物を宅配ボックスに入れ、届けたことをメールで報告。

自分の生活費はアルバイトで稼ぐしかなかった。

しかし、アルバイトの勤務が始まる時間に、占い師から電話で雑務を命じられることも。

占い師の言葉は絶対だった女性は、アルバイトを遅刻することが頻繁になりクビになってしまいます。

この頃から占い師の態度が豹変。

占い師

女性の仕事レベルが家賃に満たないから給料が支払えないと言ってきた占い師は女性に消費者金融を勧めました。

さらに占い師は、借金が普段のアルバイトでは返せない事や自分への相談料が数百万になっていると言い、女性は風俗店での仕事をする事に。

その後女性は、ひどいストレスが彼女を襲い、吐くことが止められなくなりました。

女性が頻繁に吐いたことで住んでいるマンションの排水管が詰まり、調査や修理費用、加えて住民への慰謝料でマンションの管理会社からなんと数千万円という莫大な金額を請求された、と占い師は女性に告げた。

占い師に言われるがまま女性は借用書にサインし、数千万の返済を約束。

女性は朝9時から4時間と16時から8時間すべて出勤。

そしてその激務の間、休憩時間である13時から16時に占い師の雑務をこなす。

品物を占い師の自宅に届け、風俗店にとんぼ返り。

8時間の勤務をこなし、日当を現金で受け取ると再び占い師のマンションへ。

その日の稼ぎをメモし占い師のポストに入れた。そして届けたことをメールで報告。

彼女の稼ぎは占い師のものとなり、女性はまともに食べ物も買えず体重は激減した。

こうして女性と占い師の歪んだ主従関係は続き、女性は2年半の間1日も休まず、1億円以上奪われてしまいました。

スポンサーリンク

 

マインドコントロール占い師の顔画像や名前は誰?【世界仰天ニュース】

シングルマザーだった女性をマインドコントロールした占い師の名前や顔画像については残念ながら公表されていないようです。

  • マンションで起きた異臭騒動で、あなたには多額の賠償義務がある
  • あなたは過去に吸った薬の影響で正常な判断ができない。私の言うとおりにしなさい
  • 好きな男性と上手くいくようになる方法は全て私が知っている

などとマインドコントロールし風俗で働くように命じ、裏では本番をさせるなど精神的にも追い詰めていたようです。

身寄りのいないことを良いことに人の弱みに漬け込んだ許されない行為です。

スポンサーリンク

【結末ネタバレ】1億円詐欺&マインドコントロール電話占い師【世界仰天ニュース】

今回の事件が明るみになるきっかけとなったのは国税局の存在です。

国税局資料調査課の職員が、女性の税金の申告漏れを見つけ、半年前から調査していました。

調査官は女性に、

『2年半で1億円を稼いだ彼女の収入は確定申告をして納税しなければならない。
そのため数千万円の納税の義務がある』

と伝えました。

この事実に驚愕した女性は、唯一、納税できる方法は占い師から返金してもらうしかないと考えました。

しかし、占い師は応じず、今まで現金での受け渡しだったために証拠もありません。

この現実に女性は少しずつ目が覚めていき、数千万の納税義務を負った女性は、弁護士に依頼。

裁判

物証がなく不利な状況でしたが、まず弁護士は異臭騒動が起きたというマンションの管理会社へ連絡。

そして異臭騒動は占い師の嘘だと判明。

数回に及んだ裁判で占い師はほとんど姿を見せませんでしたが、3年後ついに占い師に、およそ1億円の返金が命じらました。

マインドコントロール&1億円詐欺した電話占い師の現在やその後は?

この事件は、物的証拠が乏しい中、女性が占い師によってマインドコントロールされていた事実を法廷が認めたことが大きかったようです。

そして、シングルマザーだった女性は占い師から返金された中から納税し、今はひっそりとどこかで暮らしているとのこと。

今回の裁判はあくまでも民事裁判だったため、弁護士は女性に刑事告訴を勧めましたが、被害者である女性は

『もう忘れたいから』と、刑事告訴はしなかったようです。

そのため占い師は罪に問われていません

現在もどこかでのうのうと暮らしているのでしょう。

占いに限らず、マインドコントロールは誰しもが陥る可能性があるので非常に注意が必要ですね。