NHKの連続テレビ小説「エール」の7話にオペラ歌手役として柴咲コウさんが出演されました。

柴咲コウさんは女優や歌手として活躍されていますが、オペラを歌っている姿は見たことがありませんよね。

しかし、「エール」で披露されたオペラがうまいと反響を呼んでいます。

そこで今回は柴咲コウさんが「エール」で披露されたオペラの動画をご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

【エール動画】柴咲コウの歌(オペラ)がうまい

柴咲コウさんって歌がうまいと改めて感じました。

声楽は初挑戦だったようで並々ならぬ努力をされてきたんですね。

スポンサーリンク

 

「エール」柴咲コウの歌に関する自身のコメント

2020年1月のインタビューに柴咲コウさんは、

「練習でカメラが回っていないと、どう撮られているかを気にしないで純粋に『あんなに声が出た』のに、いざ本番になると、20年以上やってきたお芝居のスイッチが入って邪魔してしまうのか、声が出にくくなって。本当に壁にぶち当たっています。繊細な部分が声に影響してしまうんだと感じています」と苦戦ぶりを吐露

2019年の7月から声楽を練習されており、2020年1月の時点でも苦戦されていたことを明かされています。

見えない努力があってこその歌唱力のようです。

スポンサーリンク

 

「エール」柴咲コウの歌に関するネットの反応

やはり柴咲コウさんの歌がうまいという声が圧倒的に多かったです。

次回の放送でももっと柴咲コウさんの歌声を聞きたいですね!


スポンサーリンク