ギタリストとして有名なヴァン・ヘイレンさんが闘病の末、2020年10月6日にお亡くなりになられました。

突然の訃報に驚きを隠せないとともに悲しみの声が多くあがっています。

ヴァン・ヘイレンさんがどんな人生を歩まれてきたのか若い頃の画像を振り返ってみたいと思います。

また、若い頃から現在までの生い立ちや経歴に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 

ヴァンヘイレンの訃報と息子のtwitter

人気ギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレンさんが2020年10月6日に、がん闘病の末に65歳という年齢でお亡くなりになられました。

この訃報をヴェンヘイレンさんの息子であるウルフさんが報告されました。

「最高の父親だった。オンステージ、オフステージで一緒に過ごした全ての時間が贈り物だった」

「この死から完全に立ち直れるとは思えない。本当に大好きだよ、パパ」

突然の訃報に驚きを隠せません…。

ヴァンヘイレンさんは生前からがんと闘い、闘病生活を送られていました。

息子さんのコメントから父親であるヴァンヘイレンさんへの尊敬の念と親子の愛を感じますよね。

【画像】ヴァンヘイレンの若い頃はロン毛のイケメン!

ヴァンヘイレンさんの若い頃の画像をまとめました。

若い頃1

ヴァンヘイレンさんの若い頃は可愛らしいお顔をされていますね。

甘いマスクのイケメンで女性からは相当モテたのではないでしょうか!

昔1

若い頃3

こうして見るとヴァンヘイレンさんは若い頃ずっとロン毛で比較的同じような髪型をされていますね。

ヴァン

30代〜40代にかけてもロン毛のヘアスタイルでとてもお似合いですね!

スポンサーリンク

ヴァンヘイレンの若い頃から現在までの生い立ち・経歴

ヴァンヘイレンさんの若い頃から現在までの生い立ちや経歴についてまとめました。

ヴァンヘイレンの幼少期(子供時代)と兄・父親について

幼少期

ヴァンヘイレンはオランダで生まれ兄のアレックスと2人兄弟でした。

クラリネット奏者だった父親のヤンの影響で6歳の頃からピアノを習い始めます。

一瞬女の子に見間違えるほどヴァンヘイレンは幼少期から可愛らしいお顔をされていたんですね。

ヴァンヘイレンの若い頃とロックとの出会い

ロック

ヴァンヘイレンは1967年に家族と共にカリフォルニア州パサデナ引っ越したことがきっかけで兄のアレックスとヴァンヘイレンはロックンロールに出会いました。

アメリカに引っ越してからヴァンヘイレンはドラムを兄はギターを始めたそうです。

しかし、兄がヴァンヘイレンのドラムをさわっているうちに上達したため、ヴァンヘイレンがギターを弾くことになったそうです。

ヴァンヘイレンの高校時代

高校時代

ヴァンヘイレンと兄のアレックスは高校在学中の1970年代初頭に『マンモス』というバンドを結成。 

その後、現在のバンドメンバーとなるデヴィット・リー・ロスらを引き入れ『Van Halen』を結成。

メンバーだけでマネジメントや呼び込みなど全てを行い、3,300人の観衆を集めるまでになりました。

その後、彼らはワーナー・ブラザーズのテッド・テンプルマンに実力を見いだされました。

当時のことを

「映画からそのまま抜け出したような」展開がバンドを訪れた。

と語っています。

ヴァンヘイレンの現在

ライブ

その後、彼らは世界的人気ロックバンドに成長し長年ファンに愛されてきました。

現在4

現在6

がんと闘い続けた末、お亡くなりになられましたがヴァンヘイレンさんの勇姿はファンの心の中で生き続けることでしょう。

ヴァンヘイレンさんのご冥福をお祈りいたします。