日立製作所で企画本部長を務める矢加部太郎容疑者が路上で女子高生に声をかけ、下半身を露出するという事件が起き、公然わいせつ容疑で逮捕されました。

そこで今回は矢加部太郎容疑者の顔画像や出身大学・経歴プロフィールについてまとめました。

また、矢加部太郎容疑者は子供や嫁など結婚して家族がいたのでしょうか?

スポンサーリンク

 

日立本部長・矢加部太郎の事件の概要

2019年11月に公然わいせつ罪で大手電機メーカーに勤務する矢加部太郎容疑者が逮捕されました。

事件の概要についてはこちらです。

逮捕されたのは、日立製作所で企画本部長を務め、東京・稲城市に住む矢加部太郎容疑者(52)で、警察によりますと去年11月、横須賀市の駐車場で下半身を露出したとして公然わいせつの疑いが持たれています。これまでの調べによりますと「アンケートに答えてくれないか」と路上で声をかけた女子高校生を近くの駐車場に連れ込み、露出したあとに「何点?」などと尋ねていたとみられるということです。
この事件の1時間ほど前にも、近くで別の女性が同じような被害にあったということで、警察が関連を調べています。
調べに対し「女の子に声をかけたのは覚えているが、その先は覚えていない」などと容疑を否認しているということです。
日立製作所は「社員が逮捕されたことは大変残念です。今後確認を進め、事実であれば厳正に処分を行います」とコメントしています。

出典:NHK NEWS

2021年1月現在、矢加部太郎容疑者は容疑を否認しているそうです。

下半身を10段階で評価してくれないかと声をかけたそうで、相手の女子高生もいい迷惑ですよね。

また、日立製作所という大手に勤務していながら一体なぜこんな事件を起こしてしまったのか気になります。

スポンサーリンク

 

【顔画像】日立本部長・矢加部太郎のプロフィール

矢加部太郎容疑者の気になる顔画像ですが、『日立評論』という日立製作所の技術論雑誌に矢加部容疑者と思われる人物が載っていました。

画像はこちらです。

矢加部太郎2

出典:日立評論

日立製作所の雑誌に載っているということで本人と考えて間違いなさそうです。

ちなみに現在の顔画像はこちらです。

容疑者

とても真面目そうな人物に見えますが、やはり人は見かけによらないということなのでしょうか。

矢加部太郎のプロフィールはこちらです。

  • 名前  : 矢加部 太郎

  • 年齢  : 52歳 (2021年1月現在)

  • 生年月日: 1969年生まれ (昭和44年)

  • 居住地 : 東京都稲城市

  • 勤務先 : 日立製作所

  • 肩書き : 企画本部長

  • 容疑  : 公然わいせつ

日立本部長・矢加部太郎の出身大学など学歴は?

矢加部太郎容疑者の出身大学に関する情報ですが現時点では明らかになっていないようです。

ですが、矢加部容疑者は1992年に日立に入社しており、その年はちょうど大学を卒業した年と重なるので大学を出ていることは間違いなさそうですね。

また、日立製作所が採用実績のある大学

東大、京大、東工大、一橋大、阪大、北大、東北大、名大、九大、神戸大、東京外大、筑波大、横国大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大、同志社大  など

高学歴と言われる大学ばかりですね。

それほど人気のある企業ですし、仕事の内容的にも高い学力や専門性を求められる会社であることが分かります。

ということは、矢加部太郎容疑者も東大や京大など高学歴と言われる大学を卒業していると考えて間違いなさそうですね。

日立本部長・矢加部太郎の経歴はエリート

ニュース

矢加部太郎容疑者の経歴についてご紹介させて頂きます。

  • 1992年  : 日立製作所 入社
  • 金融・流通システムグループビジネスソリューション開発本部第5部 所属
  • 2000年  : 電子商談システム導入に際しての上流エンジニアリングサービスの開発・適用に従事
  • 〜2020年 : 企画本部長 就任
  • 2021年現在: 公然わいせつ容疑で逮捕 

矢加部太郎容疑者は1969年生まれの52歳という年齢から逆算しても、大学卒業後にすぐ日立製作所へ入社しています。

矢加部太郎容疑者はエリートと呼ばれる経歴だったにも関わらず、なぜこんな事件を起こしたのでしょうか。

エリートだから何しても許される、あるいは許されないという訳ではありませんが、輝かしい職歴であるにも関わらずそれを失ってまで公然わいせつを行う必要があったのでしょうか。

『酒に酔っていて覚えていない』と供述しているようですが、ニュースの内容が真実であるのならばしっかりと罪を償い反省してほしいです。

日立本部長・矢加部太郎に子供や嫁など結婚して家族がいる?

矢加部容疑者の家族情報についてまとめました。

まず、矢加部容疑者本人のものと思われるSNSアカウントが発見されているようです。

SNS

2011年にプロフィール写真が更新されているので42歳の頃の画像のようです。

本人で間違いないか、先ほどの日立評論の画像と見比べてみましょう。

ニュース

日立評論に掲載されていた画像は若い頃のようですが、矢加部容疑者本人のSNSアカウントとみて間違いなさそうですね。

そしてこのアカウントに登録されている友達のうち、9人が日立製作所関連の会社に勤務していることが分かったので、おそらく本人のものだと思われます。

このSNSアカウントから矢加部容疑者には娘がいることが判明しました。

SNS

家族で聖地広島球場に行って来ました。娘は野球観戦が大好きです。

と書かれています。

『家族で』ということは妻も一緒だったと考えて間違いなさそうです。

また、『娘は』と書かれているので、その娘以外の子供は居ないようにも捉えることができます。

矢加部容疑者の家族には、妻と娘がいるようです。

52歳という年齢から推測すると娘さんは20代前後だと思われます。

今回、矢加部容疑者が起こした事件は当然許されない行為です。

何か大きなストレスを抱えていたのかもしれませんが、二度と同じ過ちを繰り返さないようにしてほしいですね。