コロナウイルスが日に日に猛威をふるっており、毎日のように報道されていますよね。

そこで今回はコロナウイルスに効果的な予防方法・予防対策をご紹介させて頂きます。

アルコールやクレベリンは効果があるのでしょうか。

また、コロナウイルスの予防法としてマスクは効果があるのでしょうか。

インフルエンザのように予防接種はあるのかについても調査しました。

 

コロナウイルスの予防法!アルコール消毒の効果は?

アルコール消毒やクレベリンを使ってインフルエンザ対策をするというイメージが強いですが、果たしてコロナウイルスの予防策として効果はあるのでしょうか。

厚生労働省の画像

厚生労働省の情報によると、アルコール消毒を推奨しています。

アルコールでこまめに消毒することで予防に繋がるようですね。

コロナウイルスの予防方法!クレベリンの効果は?

医師によると信頼度に少々問題ありという見解を示されている方もいるようです。

除菌という言葉はクレベリン以外の商品でも多用されています。しかし、除菌という医学用語は存在しません。

医学用語として「消毒」もあり、これは病原性微生物を死滅させ、感染のリスクを無くすことを意味します。

除菌は微生物の数を減らす、ことであり除菌されたから全ての微生物が死滅した状態にはなっていません。この除菌は洗剤業界が自主的に作った言葉であり、除菌されたことによって感染しなくなる、との考え方はリスキーです。

参考記事:https://www.gohongi-clinic.com/k_blog/3764/

この方の見解によると、除菌は菌を減らすことであり、除菌により感染を防ぐという考え方は危ないと言われていますね。

これに関しては様々な見解があるようですがクレベリンに限らず、「除菌≒菌が0になる」という見方をしていた方が良いのかもしれません。

ですが、除菌効果のあるものを使って菌を少しでも減らすという意味で使わないよりは良いのかもしれないですね。

 

コロナウイルスの予防方法!マスクの効果は?

至る所でマスクが品薄状態、価格の高騰など社会現象が起きていますがコロナウイルスの予防にマスクは有効なのでしょうか。

世界保健機関(WHO)によると、

「マスクは感染症拡大を抑止する助けになるが、せきなど呼吸器症状がない一般の人に必要ではない」と明言。

参考記事:https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/202002/0013090280.shtml

とされています。

つまり、マスクの効果は「症状がある人が症状のない人にうつさないための予防」ということだそうです。

マスクは症状が出た人の感染拡大予防に効果があるんですね。

コロナウイルスの予防方法!食べ物編

食べ物の画像

コロナウイルスの原因は、中国の野生生物の販売市場が原因と言われています。

詳しくはこちら→コロナウイルス原因はコウモリの刺身を食べるから?動物(ネズミやヘビ)も関係?

中国の野生生物や食材の取り扱いが不衛生だったたことが感染拡大に関与しているようです。

そこでコロナウイルスの予防方法として食べ物で対策できることはないかと調査したところ、

  • 基本的な衛生管理
  • バランスの取れた栄養管理

が大切だそうです。

動物性のナマモノを食べる際などは特に衛生管理に気をつけることが重要なんだそう。

また、免疫力が落ちると感染しやすいのでバランスの取れた食事が重要とのこと。

コロナウイルスの予防対策として出来ること【まとめ】

症状が出ている人にはマスクで感染拡大予防をする必要があるとのことでしたが、感染していない人はどのような予防対策をすれば良いのでしょうか。

コロナウイルスの感染経路はくしゃみや咳を吸い込む「飛沫(しぶき)感染」や「接触感染」なので基本的な衛生管理である「手洗い・うがい」が最も予防に効果的だそうです。

それに加えてアルコール消毒することで予防に効果的なんだとか。

  • 手洗い・うがい
  • アルコール消毒
  • 十分な休息
  • 栄養管理

この基本が一番予防に効果的のようですね。

それでも心配だという方はプラスαで除菌グッズやマスクを使用されると良いでしょう。

 

コロナウイルスの予防接種はある?

現在、コロナウイルスに有効なワクチンは無いようです。

基本的な予防対策そして現在ある病気の予防接種が大切のようです。

出来ることからやっていくことが今後重要になってきますね。

【合わせて読みたい】

【画像】はすみとしこがデマ?コロナウイルスにアルコールは効かない発言に厚労省が動いた!

コロナウイルス原因はコウモリの刺身を食べるから?動物(ネズミやヘビ)も関係?