2020年10月16日、横浜市でバス停に車が突っ込むという事故が起きました。

事故現場はどこで事故の原因や被害状況についてまとめました。

また、運転していた人物についても誰なのかお届けしていきます。

スポンサーリンク

 

【横浜市金沢区バス停事故】事故現場はどこ?

横浜市金沢区のバス停に車が突っ込んだ事故が2020年10月16日お昼頃に起きました。

事故現場となったのは『横浜市金沢区六浦東』と報道されています。

六浦郵便局が近くにあるバス停ということが分かっています。

郵便局近くのバス停は、『内川橋』というバス停ではないかと思われます。

事故現場は緩やかにカーブしている片側2車線の道路とのこと。

詳細な情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

【横浜市金沢区バス停事故】事故原因は?

事故原因については現段階で発表されていません。

事故が起きた状況としては、バス停でバス待ちの列に車が突っ込んだ模様です。

バス停には6人いたようで怪我を負われています。

多数の怪我人が出ていますのでとても心配です。

【横浜市金沢区バス停事故】被害者数や被害状況は?

横浜市金沢区六浦東で乗用車1台がバス停に突っ込み、歩道に乗り上げる事故が起きました。

運転者を含む8人がけがをしているということです。

乗用車は木に衝突し、止まったようです。

現在、警察と消防が救命活動を行なっている状況です。

幸い、重傷を負った人はいないということです。

【横浜市金沢区バス停事故】運転していたのは誰?

運転していた人物については現段階で分かっていることは運転者は50代女性ということです。

そして同乗者が一人いたようです。

被害に遭われた方、そして運転していた方の安否が心配です。

詳しい情報は追って追記させていただきます。

【横浜市金沢区バス停事故】突っ込んだ車はプリウス

近年、高齢者で車がプリウスという事故が多いように感じます。(一概には言えませんが…)

今回の事故も車はプリウスだったようです。

プリウス

シルバーのプリウスですね。

運転者は50代女性ということで高齢とまでにはいきませんが何か不注意が原因だったのでしょうか。