歌舞伎だけでなく数々のバラエティ番組などでも活躍されている尾上松也さんについて調査しました。

歌舞伎役者は、親の代から受け継がれていることが多いですが、尾上松也さんの家系図はどのようになっているのでしょうか。

また、尾上松也さんの家系図に松たか子さんが関係している?と言われているようなのでその辺の真相についても調査しました。

 

 

尾上松也の屋号である音羽屋とは

歌舞伎役者には「屋号」と言われるものがあります。

尾上松也さんが構える屋号は「音羽屋(おとわや)」といいます。

初代尾上菊五郎の父が自らを「音羽屋半平(おとわや はんぺい)」と名乗っていたことが由来のようです。

そもそも「屋号」とは、一門や一家の特徴をもとに付けられる名称のことを言うようです。

屋号の起源は、江戸時代で武士以外は名字を名乗ることが許されなかったため、不便を感じた商人や農民が使い始めたのが始まりです。

 

尾上松也の家系図で判明!血縁関係無し

尾上松也さんの家系図はどうなっているのでしょう。

家系図ラインの画像

 

家系図の一番上にいる「尾上菊五郎」さんという方は、人間国宝になられた尾上家5代目の方のようです。

そして、その息子さんが6代目尾上菊五郎さんです。

その6代目尾上菊五郎さんの弟子であり、7代目松本幸四郎さんの息子である「2代目尾上松緑」さんがいらっしゃいますよね。

この2代目尾上松緑さんに弟子入りされたのが、尾上松也さんの父親である「尾上松助」さんです。

松也さんは、尾上家と血縁関係は無かったのです。

父親が弟子入りし、尾上家を名乗るようになったようですね。

 

 

尾上松也の家系図で判明!松たか子との関係性は?

ここでは、尾上松也さんと松たか子さんの家系図上の関係性について調査しました。

先ほどの家系図で確認してみましょう。

家系図のわかりやすい画像

 

父親の師匠が尾上松緑さんで、7代目松本幸四郎さんの三男にあたりますので、尾上松也さんは尾上家よりどちらかというと松本家の方が関係性は深いと思われます。

そして松也さんの父親の松助さんの兄弟は11代目市川團十郎、初代松本白鸚だそうです。

11代目市川團十郎さんは、市川海老蔵さんの叔父です。

そして、初代松本白鸚さんは松たか子さんの叔父です。

ということは、海老蔵さんと松たか子さんは親戚になります。

そして、尾上松也さんも親戚というくくりになるのだそう。

歌舞伎界は、一般家庭と違い血縁関係や師弟関係、養子縁組が関係しており、事実上血が繋がっていなくても家系上関係性があるようです。

尾上松也の家系図のまとめ

歌舞伎役者は代々、皇室のように直接的に血縁関係がある人々によって受け継がれていくと思っていましたが違っていました。

血縁関係は無くとも、師弟関係にある人はその家系に入るようですね。

尾上松也さんも元々は全く違う家系でしたが、父が尾上家に弟子入りしたことで尾上家の家系に入っているようです。

しかし、どちらかと言うと松本家との縁が深いようで、辿っていくと松たか子さんとも親戚というくくりになることが分かりました。

歌舞伎は歴史も長く奥が深いものだと改めて感じました。

最後までお読み頂きありがとうございました!