るろうに剣心が最終章として2020年に映画化されますね。

最新の映画には雪代巴役として有村架純さんが出演されることが決定しました。

そこで今回は、追憶編の中にあるシーンの意図を考察・解説していきたいと思います。

OVAの中に出てくる雪代巴の生理シーンの意図や剣心の頬に2つ目の傷(十字の傷)をつけた理由は何だったのでしょうか。

 

【るろうに剣心】雪代巴の生理シーンの意図は?

るろうに剣心のOVAの中で巴がうなされて一人で抜け出すシーンがあります。

血を流す様子がありましたがあれは生理だと思われます。

ではなぜあの描写が必要だったのか意図は何だったのでしょうか。

監督によると、追憶編は男女ともに血を流す物語で、検診に対する巴の気持ちの変化を表す重要なシーンなんだそう。

また、DVD-BOXの中の冊子に「生理がまだあるから夫婦関係はないと言う証明」という解説があったという声もあるようです。

剣心と巴の二人の関係を表す深いシーンのようですね。

また、他には

やっぱり流産だと思います^^;
身篭ってたけど、精神的な事で流産しちゃったんじゃないでしょうか。

という意見や
清里の死でショックのあまり生理が止まっていて、それが剣心と過ごすうちに、少しずつ心動かされ、精神的ストレスからも徐々に開放されつつあった折に、生理が来た。
という見方もあるようです。


【るろうに剣心】剣心の頬に傷をつけた理由は?

剣心の頬に最初に傷をつけたのは、巴のいいなずけだった清里明良でしたよね。

剣心に斬られ、死ぬ間際に執念から一つ目の傷を負わせました。

そして、2つ目の傷をつけたのは雪代巴でした。

剣心を愛していた巴ですがなぜ傷をつけたのでしょうか。

恐らく2つの思いが入り混じっていたのではないかと思われます。

  • いいなずけを殺された剣心への復讐
  • 自分を忘れないで欲しいという思い

相反する2つの思いから傷をつけたのではないでしょうか。

剣心の頬に傷をつけることで自分の永遠の居場所を得たかったのかもしれません。