5月13日放送の「奇跡体験!アンビリバボー」で監察医の上野正彦さんが解決した事件が紹介されます。

上野正彦さんとは一体どんな経歴・学歴がある方なのでしょうか。

また、息子や嫁などの家族情報についても調査しました。

スポンサーリンク

 

上野正彦のプロフィール

上野正彦の画像

  • 名前:上野 正彦 (うえの まさひこ)
  • 生まれ:北海道
  • 出身地:茨城県
  • 生年月日:1929年1月1日
  • 現職:医事評論家・作家
  • 学位:医学博士

30年間もの間、約2万体の遺体を検視・解剖されてきたとても凄い先生です。

上野正彦さんは現在、作家として数々の本を出版されています。

参考までに出版された本(電子書籍)をご紹介させて頂きます。

 

 

 

監察医として数々の遺体と向き合ってきた上野先生だからこそ書ける渾身の書籍となっているようです。

上野正彦の学歴

  • 出身中学・高校: (?)
  • 出身大学: 東邦医科大学

上野先生の地元には旧制中学(今で言う中学や高校)が無かった為、上京されています。

おそらく、東京の中学や高校に通われていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

上野正彦の経歴

上野正彦の画像2

  • 1959年: 医学博士に。
  • 同年: 東京都監察医務院に入り、監察医に。
  • 1981年: 厚生省医道審議会委員
  • 1984年: 東京都監察医務院の院長・杏林大学医学部の客員教授 
  • 1989年: 監察医務院長を退官 

そのほかにも、日本被害者学会の元理事、現杉並精神作業所 アゲイン運営委員長なども務められた経歴があります。

テレビで人気の北村弁護士とも交友関係があるようで、北村弁護士の信頼する監察医として数々の難事件を解決されてました。

また、全日空機墜落事故やホテルニュージャパン火災事故などにも関わってこられた有名な先生です。

開業医をしていた父の影響で医者を目指しその後、監察医と言う職業を知って監察医になることを目指したそうです。

監察医になって数年後には、遺体が何を訴えかけているのか感じ取れるようになり、自分にしか出来ない仕事だと悟ったそうです。

スポンサーリンク

上野正彦の結婚歴や家族について

ここでは、上野先生の結婚歴や家族構成についてご紹介させて頂きます。

上野正彦の嫁

嫁イメージ画像

1959年に上野先生は結婚されています。

奥さん(嫁)の名前は、章子(しょうこ)さんといいます。

奥さんは、杉並区議を16年務められ、地域貢献にも積極的に参加された方なんだそうです。

しかし、2006年に71才という年齢で胃がんにより亡くなられています。

胃がんと判明してから40日後に亡くなられたそうです。

奥さんは自分が先立ってしまうことや残された上野先生のことを死ぬ間際まで心配されていたそうです。

上野先生といい、奥様といい、自分のことよりも人のことを気遣う優しい方のようです。

上野正彦の息子(子供)

子供画像イメージ

上野先生には奥様との間に授かった子供が2人いらっしゃいます。

しかし、子供たちの性別や年齢、職業などは公表されていません。

おそらく現在は50代くらいになっておられるのではないかと推測されます。