ネイサン・チェンが男子フィギュアスケート界で大躍進を遂げていますね。

演技が素晴らしいのはもちろんなのですが、衣装が気になっちゃいました。

ネイサンチェンは、なぜあのような衣装なのでしょうか。

フィギュアと言えば、きらびやかなイメージですがネイサンの衣装は「どシンプル」ですよね。

ネイサンの衣装が気になる!ということで、衣装についてまとめました。

なぜあのような衣装なのか、いつから独特な衣装なのか調査しました。

 

 

ネイサンチェンの衣装はダサくて地味?

ネイサンチェンの衣装が反響を呼んでいます。

ネット上では、

 

 

 

ネイサンチェンの衣装がマレーバクに見える、シャチに見えるなど様々な声が上がっています。

一方で、シンプルでかっこいいという声や演技が引き立つという声も上がっていました。

 

ネイサン・チェンはいつから独特な衣装になった?

 

ネイサンの衣装の画像

ネイサンの衣装が最近話題のようですが、いつからあのようなシンプルな衣装になったのでしょうか。

おそらく2018年あたりからと思われます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

So excited to let you all know that my costumes will be designed by Vera Wang! Can’t wait to share the new looks at US Championships🙌

Nathan Chenさん(@nathanwchen)がシェアした投稿 –

ネイサンのインスタグラムによると2017年12月に、自身の衣装がデザイナーの「ヴェラ・ウォン」によってデザインされると記しています。

デザイナーのヴェラ・ウォンについての記事はこちら→ヴェラ・ウォンは有名元フィギュアスケーターだった

全米フィギュアスケート選手権で新しいスタイルをお披露目するのが待ち遠しいとも書いているので、2017年12月29日〜2018年1月8日(日本時間)に行われた『全米フィギュアスケート選手権2018』から衣装が独特になったようです。

ネイサン・チェンの衣装が独特な理由は?

ネイサン2018の画像

シンプルで独特な衣装にはどのような意図があるのでしょうか。

ネイサン自身の考えは?

ネイサンは、デザイナーのヴェラ・ウォンとともに衣装のデザインに関わったそうなのです。

2018年1月全米フィギュアスケート選手権後に、日本のネイサンチェンのファンサイト(Nathan Chen Japanese Fan FB)が新衣装の意図についてインタビューしていました。

Q.黒い衣装でどんなことを表現しようと思ったのか?

A.コンテンポラリーで他とは違うものを取り入れたかった

このように答えています。

コンテンポラリーとは、直訳すると「現代的な服装」となります。

しかし、流行に合わせたものというよりは、クラシカルなアイテムに現代風のものを合わせたり常識にとらわれないスタイルを指すそうです。

このインタビューは2018年のものですが、今も衣装の系統は大きく変わってはいないので「コンテンポラリー他とは違う」というデザインの意図が根本にあるのだと思われます。

デザイナーヴェラ・ウォン氏の考えは?

ヴェラの画像

ヴェラは平昌冬季オリンピックにおけるネイサンの衣装について答えています。

ネイサン本人から大きなインスピレーションを得た

オリンピック競技者の威厳や意義に固執せず、幾何学的で平然とした何かを表現したかった

などど答えています。

ネイサンの意向をくみ取り、常識や他とは違う新しいものという意図があるようです。

また、ヴェラ自身も黒の衣装をまとうことが多く、そこからネイサンのモノクロ衣装に繋がっているということも考えられますね。

また、

ただの衣装として捉えるのではなく、「運動性を滑らかで現代的に解釈したもの」である

ネイサンは「新たな自由というものを表現している」

このように答えています。

この時に30着ほど衣装を制作したそうなので、当時のコンセプトから変わってはいなさそうですね。

髪型もデザイナーに指定された

ネイサンは、デザイナーのヴェラによって髪型まで指定されたようです。

髪型の画像

ネイサンが髪をバッサリ切ったのは2017年12月の下旬あたりです。

ちょうど、衣裳デザイナーがヴェラになった時ですね。

衣装とともに髪型まで指示して徹底的にプロデュースしたようです。

 

ネイサン・チェンの過去の独特な衣装【画像】まとめ

衣裳デザイナーがヴェラになってからの過去の衣装の画像をまとめてみました。

こちらは「全米フィギュアスケート選手権2018」SPの時の衣装です。

ネイサン2018の画像

こちらは「全米フィギュアスケート選手権2018」FPの時の衣装です。

全米FPの画像

こちらは「平昌冬季オリンピック」SPの時の衣装です。

オリンピックSPの画像

こちらは「平昌冬季オリンピック」FPの時の衣装です。

オリンピックFPの画像

こちらは「全米フィギュアスケート選手権2019」SPの時の衣装です。

ネイサンSPの画像

こちらは「全米フィギュアスケート選手権2019」FPの時の衣装です。

ネイサンFPの画像

世界選手権フィギュアスケート2019のSPの衣装はこちらです。

ネイサンSPの画像

世界選手権フィギュアスケート2019のFPの衣装はこちらです。

ネイサンFPの画像

こう見ると本当に黒ベースで白が少し入っているモノクロが多いですね。

全米選手権と世界選手権では同じ衣装のようです。

ネイサンチェン決勝の衣装は練習着?

全米選手権と世界選手権の衣装が同じ衣装だったのが気になります。

実は、世界選手権フィギュア2019のフリー決勝でネイサンチェンが来ていた衣装は練習着なのだそうです。

ええ!本当に?ってびっくりしちゃいますよね。

ちなみに来ていた衣装(練習着)はこちらです。

練習着の画像

今までも黒くてシンプルな衣装だったので、特に違和感は無かったですが練習着なんですね。

決勝に練習着を着た理由は、

・全米フィギュアスケート選手権で衣装を忘れた

          ↓

・仕方がないので練習着で本番に出場する

          ↓

・見事優勝した

          ↓

・ゲンを担いで練習着で出場

衣装を忘れ、練習着で出たら優勝したという背景があったんですね。

ネイサン・チェンの次回の衣装は?

デザイナーのヴェラは、ネイサンとともにモノクロームの衣装を30着すでに制作しているそうなのでネイサンが断らない限り独特な衣装は続くと思われます。

過去全部黒い衣装なので、黒がベースというところは今後も変わらないのではないでしょうか。

しかし、過去にヴェラが衣装を手がけたエヴァン・ライサチェクの時も多めに5着用意していたのだそうです。

エヴァンは5着全ては着ていないようなので、ネイサンも30着全て着ることはないかと思われます。

ネイサンは、長期間ヴェラの衣装を着る予定があるのかもしれませんが、予備として多めに制作されている可能性もあるようです。

また、FPでは前回同様、ゲンを担いで練習着を着用する可能性も高そうですね。

 

フィギュアスケートの関連記事はこちら

ネイサンチェンの衣裳デザイナーはヴェラ・ウォン!シンプルな衣装の理由

トゥルシンバエワが日本人に似ているのはなぜ?国籍や生い立ちを調査

ザギトワの脇が黒い!審査への影響は?フィギュア界のムダ毛事情

エテリコーチ の食事制限が鬼?使い捨て指導で過去に選手生命を絶たれた人も

トゥルシンバエワが痩せすぎの理由や体重は?コーチの食事制限のせいか

坂本花織が二重になって顔が変わった?

まとめ

ネイサンチェンの衣装は、新しさや自由を表現したものだということがわかりました。

また、今後も独特な衣装は引き続き見られることと思います。

衣裳デザイナーのヴェラとネイサンをこれからも応援したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました!